ソーシャルメディア時代のリスクマネジメント

ソーシャルメディア関連を専門とするリスクコンサルタントが、企業のリスクマネジメントについて書いています。

総論

広告クリエーターのお悩み

東洋経済オンラインに、非常に興味深い記事が掲載されていました。 toyokeizai.net これを拝読し、広告制作側の悩みに深く首肯するとともに、広告クリエイティブを原因としたネット炎上の予防施策について、制作サイドにまだまだ認識が広まっていないのだな…

ネットリンチの実像と対策

前回は、ネットリンチとネット炎上の違いについてお話をしました。 ネットリンチは、それを行う人の主観では「制裁」であり、人をネットリンチに走らせるのは処罰感情を暴走させる情動のバグである、と結論しました。 なぜ「バグ」という表現を使ったのか。…

「ネット炎上」において「拡散」は必然なのか

前回は、ネット炎上における「拡散」がどのような経路で発生するのかについてお話をしました。 今回は、「炎上」と言われる現象においては「拡散」を伴うものと伴わないものがあり、その違いはどうして生じるのかについてお話していきたいと思います。 この…

現象としての「拡散」

以前の記事で、人はなぜ「拡散」をさせるのかについて、心理的動機の面から掘り下げるお話をしました。 ただ、その記事においては、「なぜ」については掘り下げましたが、「どのように」についてはほとんど触れていません。 今回は、その「どのように」につ…

「不特定多数を想定したコミュニケーションのスキルが不足している」ということ

前回は、企業がネット炎上する場合の、企業側に起因する真の原因として以下の3パターンのうちの2つ目についてお話ししました。 都合の悪いことを誤魔化したり隠蔽できると思っている。 昭和的道徳観からアップデートできていない。 不特定多数を想定したコ…

「昭和的道徳観からアップデートできていない」ということ

前回は、企業がネット炎上する場合の、企業側に起因する真の原因として以下の3パターンを挙げ、その1つ目についてお話をしました。 都合の悪いことを誤魔化したり隠蔽できると思っている。 昭和的道徳観からアップデートできていない。 不特定多数を想定し…

企業の体質の結果生じてしまうネット炎上

前回は、ネット炎上の対象を 「有名人・芸能人型」 「メディア型」 「一般人・企業型」 の3タイプに分けた際の、それぞれのネット炎上の違いを具体的に掘り下げていきました。 その中で、企業が対象となるネット炎上が発生してしまう真の原因として、以下の…

炎上しやすいネタとは

前回は、炎上の対象を 「有名人・芸能人型」 「メディア型」 「一般人・企業型」 の3つに分け、「一般人・企業型」と他の2つとでは炎上傾向が異なることから、企業は「一般人・企業型」の炎上に気をつけていれば良い、というお話をしました。 今回は、前回…

ネット炎上は、対象によって特性が異なる

企業のネット炎上を考えた時、例えば、ダレノガレ明美さんが一眼レフのカメラを買っただけで発生した炎上(http://news.livedoor.com/article/detail/14183078/)などは、企業の炎上対策を考える上ではほぼ無益な情報です。 企業の炎上パターンと、このダレ…

ネット炎上における拡散の仕組み③ 「直感」と「ロジック」の具体例

前回は、なぜネット炎上において、人はわざわざ「拡散」をするのか、ということについてお話ししました。ただ、前回は抽象的な話が中心でしたので、実際にどういう状況なのかをイメージしにくかった方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、具体的な…

ネット炎上における拡散の仕組み② 「拡散」における、直感とロジックについて

前回は、ネット炎上に至る「拡散」においては、直感に訴えかける要素と、「一理ある」と思わせるような頭の良さげな内容との2つが必要だ、ということを述べました。 今回は、その「直感」ということについて掘り下げていき、また、同時に、「一理ある」と思…

ネット炎上における拡散の仕組み① 「拡散」はネットユーザーのリアクションの積み重ねである

「ネット炎上」とは、「多くの人」がソーシャルメディアにおいて、特定の人や企業・団体の言動に対して批判・非難の声を上げている状態のことを指します。10人や100人といった程度のネットユーザーが話題にしたからといって、それは「ネット炎上」とは呼びま…

レピュテーションリスクには、ランクがある

本ブログは、企業にとってのソーシャルメディアにおけるリスクについて掘り下げて考察することをテーマにしています。 このため、企業のネット炎上も重要な話題の1つなのですが、ひとくちに企業のネット炎上と言っても原因はいろいろあります。 今回は、理…

ネット炎上は、特殊な人たちによる「いいがかり」なのか

ネット炎上に参加するのはごく一部の人たち? ネット炎上の参加者はネット利用者の中でも極々一部の人たちである、ということは、ネット炎上を研究している山口真一先生によって一貫して指摘されていることです。 ただ、その「一部の人」がどのような人々で…

なぜ「リスクヘッジ」ではなく「リスクマネジメント」が必要なのか

企業にとって、すでにソーシャルメディアは無視できない存在になっています。 多くの企業がソーシャルメディアの公式アカウントを開設し、広報やマーケティングに活かしています。 他方、ソーシャルメディアで広まるネガティブな評判や、さらにそれが大きな…